« ⑥「湯の川温泉プリンスホテル渚亭」満喫しまくり | トップページ | ⑧ソフトクリーム片手に「函館市営熱帯植物園」へ »

2010年3月10日 (水)

⑦タクシーで悠々!トラピスチヌ修道院へ

2010年 1月24日(日) 函館旅行2日目。

朝風呂に入り(いつもギリギリまで寝いる私が、奇跡的に起床。)
満喫しつくした「湯の川プリンスホテル渚亭」から
JR函館駅へむかうタクシーの車内。

運転手さん 「お嬢さんがた、これはご提案だ。」

「トラピスチヌ修道院、五稜郭タワー、元町(その他いろいろ)…
に回って、一人\3000!どうだい!?」

と、タクシー観光の営業を受ける。
決断力も、仕切るリーダー格もいないこのグループ。
ただ“運転手とのトーク担当”として助手席に座らされた私は困惑。

どうしよう・・・後部座席3人の意向がまったくつかめん。
と悩んでいると

「もうおじさん負けたよ!\2500で好きなところに行ってあげる!」
と言うので、思い切って「じゃあ…お願いします!」
決断が遅い4人でごめんなさい。

結論から言うと、タクシー観光、良かったです。

いろいろな観光地を効率よく回って
赤レンガ倉庫では、トランクに荷物を乗せてもらったまま自由時間まで。
運転手さんと別れる時、『念のため携帯番号くらい聞いておこうか』とも思ったけど
「ここは平和な日本だから!(本音は面倒くさい)」と、
そのまま信頼して荷物を預け、のーんびり買い物。
帰りは一人プラス¥500で、空港まで送って頂きました。

公共機関の時刻表とにらめっこして、スケジュール立てるのも楽しいけれど
函館のように狭い範囲で観光地が密集しているところでは
タクシー観光、いいですね。

「若い女の子達を乗せるのなんて久しぶりだからさ~」

と言って頂きましたが、おじちゃんゴメンね、私たち、そんなに若くないんだ…

まずはトラピスチヌ修道院へ。

Maria
とっても静か

運転手さん「ここでの暮らしは、漫画もテレビもない」
女子4人   「うーん、無理だなぁ~」
運転手さん「医者にかかる時くらいしか、外に出ることもない」
女子4人  「うーん、無理だなぁ~」
運転手さん「そして…純潔でなくてはいけません!」(照れかくしなのか大声)
女子4人  「……やっだーおじさんったら!」

そんなシスターたちの暮らす場所には
たまに侵入者がでるらしく、番犬が放たれているらしい。
実際に噛みつかれる愚か者がいるのだとか。

運転手さん「やっぱり男はね……男はね!」
女子4人  「……やっだーおじさんったら!」

一日中、こんなノリなのか少し不安だ。

つづく…

|

« ⑥「湯の川温泉プリンスホテル渚亭」満喫しまくり | トップページ | ⑧ソフトクリーム片手に「函館市営熱帯植物園」へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ⑥「湯の川温泉プリンスホテル渚亭」満喫しまくり | トップページ | ⑧ソフトクリーム片手に「函館市営熱帯植物園」へ »