« ⑧女一人旅の宿泊での苦労… | トップページ | ⑩JR西日本側の大糸線に沿ってバスが行く »

2010年3月28日 (日)

⑨白馬ジャンプ競技場で、選手の肝っ玉を知る

ホテルをチェックアウトし、「白馬ジャンプ競技場」まで行くことに。

先日、真央ちゃんの涙とともに終了した、バンクーバーオリンピック。
我が家では、そのニュースの度に「悲しいから」とチャンネルを勝手に変えられ
満足に情報が得られなかったんですが。私にチャンネル権が無い家なんです。

そんな愚痴はいいとして。

冬季オリンピックって、夏季に比べて、肝っ玉を要する競技が多くないですか?
最も「私には無理」と思うのが、このジャンプ競技。

すごく高いところから飛んでいる、という知識はあるものの
実際見て本当の高さを体感した上で、あらためて「無理」と思いたい。
今回は大糸線と、このジャンプ競技場見学も楽しみにしてきたのです。

そう、1998年の長野オリンピックで、
原田選手の「船木~」の声が感動を呼んだ、あの現場です。

そういえば…
船木が眉毛を整えているか否か、みたいなことが連日テレビで言われていて
くだらねえ!と思っていた、くだらない記憶がよみがえりました。

歩くこと約10分。ジャンプ競技場に到着。

Jump_2
ひ~~~~え~~~~~

これは無理。心から無理。
もしも我が子がジャンプやりたいって言ったらどうしよう。
ママ怖くて見てられないわ。

さて、展望台まで上がるには、どこから行くんだろう?

ジャンプ台の周りをうろうろ探してみる。
しかも後ろから他の観光客もついてくる。プ、プレッシャー…!

雨にぬれた雪の上を歩いているうちに、ブーツの中まで濡れてしまった。
寒い。冷たい。疲れた。もう諦めようか。

振り返るともう誰もいなかった
私に期待するのはやめたんですね。賢明です。

オリンピック記念館横の、白馬村観光局に行くと、案内が。

Jump_noriba
「トンネルくぐります」

ジャンプ競技場にお越しのみなさま、まずは白馬村観光局で
リフトのチケットをお求め頂き、トンネルをくぐりましょう。

この日はリフトは動いているものの、この悪天候で誰も上まで行っていない
そうなので断念。ここもまた暖かい季節に来てリベンジしなきゃな。


つづく…

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

|

« ⑧女一人旅の宿泊での苦労… | トップページ | ⑩JR西日本側の大糸線に沿ってバスが行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ⑧女一人旅の宿泊での苦労… | トップページ | ⑩JR西日本側の大糸線に沿ってバスが行く »