« ④近江町市場「刺身屋」で日本酒ナイト | トップページ | ⑥忍者寺「妙立寺」と、お茶屋「志摩」 »

2010年5月13日 (木)

⑤ノープランな金沢2日目

2010年5月2日(日)金沢母娘旅行、2日目。

今日は、憧れの21世紀美術館へ!
美術館の開館時間前には到着したいけど、まだずいぶん早い時間。

ガイドブックによると、ホテルの目と鼻の先に「貴船明神」があるので
寄り道してみよう、ということに。

ところが。
探せど探せど、見つからない。
確実にガイドブックのルート通り歩いているはずなのに…
おそらく、ホテルから3分の距離。
探し始めて、既に20分経過。
立ち寄りプチスポットのはずが、こんなに時間を要するとは。
あきらめて先を急ごうか。
でももう見つかるまでおさまりがつかない!!!

迷い込んだ道の民家の玄関先で、庭仕事をしている初老のご婦人2名を発見。
思い切ってたずねてみることに。



私:「すみません、この辺に貴船明神があると思うんですが、どちらかご存知ですか?」

ご婦人A:「あーもう一本先の道だわ」

(あーやっぱり…)

ご婦人B:「でもあれ、縁切りの神社やで。そんなのに行きたいんか。(さらり)」

私:「あ、ガイドブックに、縁切りと縁結び両方って書いてあるんですが…
   地元では縁切り専門なんですか?」

ご婦人A:「ガイドブックに書いてあるなら、そうなのかもしれんなーあはは(適当)」

(あはは?)
そしてこの後、衝撃の発言が。


ご婦人B:「あの神社は○○ばあさんが建てたんだっけかー」




ええーーーーーーーー!?



私:「た、建てた方を…ご存知なんですか!?」

ご婦人B:「小学生のころにはもう建ってたかねー?あの、ほら、○○ばあさんよ、
       占い師やっとった、白蛇かなんかを奉ったんだかね?」

ご婦人A:「さあねー」

地元の占い師が神社を建てて、数十年後にガイドブックに誤記されているこの事実
(いえ、事実かは未確認ですが。ガイドブックの誤りだけが今んとこ事実。)



お礼を言って、神社に向かいます。

Kihune_road
この道沿いに…

Kifunemyoujin
あったー!
(また松が支えられてる…)

Kifune_s38_2 
あ、昭和38年に建てられてる

てことは47年前。比較的新しい。さっきの話は本当なのかも。
占い師のおばあさん、そして白蛇さん
不要な縁を遠ざけて、良い縁を結んでください。

この時点で、もう美術館の開館時間を回ってしまった。
開き直って武家屋敷を散策しつつ
21世紀美術館に到着した時には、すでに長蛇の列!
やっぱり開館前に並んでなきゃだめだよね…

列がなかなか動かないので、翌日の朝一に出なおすことに。



さて、またノープランになってしまった母娘。
いつも旅行前はいろいろ事前リサーチするんですが
仕事にかまけて『行けばなんとかなるだろう』と当日を迎えてしまったのが敗因です。
スムーズに案内できたら親孝行だったなあ。

ま、とりあえず隣の石浦神社でお参りでも。

Kinensatsuei
お賽銭箱の前にカメラマン

お堂の中には記念撮影で整列している宮司さんたち。
当然、目が合う。二礼二拍手一礼する。気まずい。


母が「県立歴史博物館の建築が見たい」というので向かうことに。
その前に「旧中村邸」を見学。急ぐ旅じゃございませんし。


Nakamuratei
あらすてき

中には漆器、屏風、焼き物、加賀友禅の婚礼衣装などなどの展示。
見事すぎて母とボランティアの方が「よほど美人じゃないと着負けちゃいますね。
と、身も蓋もない会話をしている。


旧中村邸の裏の「美術の小道」を上ると、県立歴史博物館に到着。

Rekishi
立派なレンガ造り
緑もたくさん。若葉の季節はいいなあ。

最初は「歴史の展示は興味ないから、外観だけでいい」と言いつつも
「やっぱり内部が見たい」と言うので、もちろん入館することに。

メインは建築見学、だけどやっぱり展示もざーっと見学。
また「加賀の一向一揆」の解説を聞いてしまったけど、結局わからずじまい。



さて、そろそろお昼にしよう。
地域密着型グルメをおさえたい、という私の希望で「8番ラーメン」へ。

No8
かまぼこの8が可愛いね

母はしょうゆ、私は塩をオーダー。麺は太めで野菜たっぷり。
これ、部活帰りには最強だね!


つづく…

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

|

« ④近江町市場「刺身屋」で日本酒ナイト | トップページ | ⑥忍者寺「妙立寺」と、お茶屋「志摩」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ④近江町市場「刺身屋」で日本酒ナイト | トップページ | ⑥忍者寺「妙立寺」と、お茶屋「志摩」 »