« みちのく・その14「クマ牧場でシュールすぎるひとときを」 | トップページ | みちのく・その16「かえりみち」 »

2011年2月27日 (日)

みちのく・その15「マタギ資料館と、どぶろく『マタギの夢』」

続いては「マタギ資料館」でマタギについてのお勉強を。


Kuma_2 
♪アニマルなんだしー ウオー!


資料館に続く廊下には、マタギのみなさんが秘密兵器として
ヒマラヤへ雪男探しに行った際の記事が。

Newspaper
絶対みつけてやる

という意気込みで向かったのに

Matagi
これ、絶対に観光でしょ

肝心のマタギ資料館では、クマの毛皮を山ほど見たり…
(よく覚えていないけれど)昨日の自分より少しだけマタギに詳しい自分になれました。


打当温泉・マタギの里では、「全国どぶろく研究会」で最優秀賞を受賞した
どぶろく「マタギの夢」を販売しています。
旅の情報収集をしている時から気になってはいたのですが
購入は容器持参で、とのこと。

水筒なんて、持って来なかったしなあ。
でも。あきらめきれない。
こういうときは、とにかくなんでも聞いてみよう。

私 「あのー、どぶろくって、容器がないと譲って頂けないんですよね…」

フロントの方 「自販機でペットボトルのミネラルウォーターを買って、
         少しもったいないですけど中身を捨ててご用意される方がいますよ。」

そっか!その手があったか!自販機にとんでいき、ペットボトルをゲット!
森さんはあきれ顔。


購入に際して、氏名、住所等の連絡先と、何合譲り受けたかを
用紙に記入します。酒税法の都合で、何合作ったか、何合譲ったかという
整合性が取れないといけないらしく。へえー

そうして住所を書いている途中、ふと我に返った。
『私、どんだけ酒好きなんだよ』と…

ていうか私みたいな人が販売前につまづいてこぼしたら、どうなるんですか…?

Mataginoyume
わーいわーい!

嬉しい。最高の自分みやげ。
子猫を譲りうけたかのように慎重に持ちかえり、帰宅してすぐ味見。


Doburoku
つまみはいぶりがっこでいいのかな?



おそるおそるひとくち。


な、なななななななななにこれ


おいしい!!!!!!!
(パニック)

ふんわり甘い。ちょっとだけ酸味。お米の香り。


ていうか風味がどうとかっていうより
一口飲んだだけでしあわせだあーーー!となる味!


一人暮らしの部屋で、感動でじたばたし(誰にもお見せできません)
勢い森さんに電話しそうになるのをぐっとこらえ、もうひとくち。
これ絶対、女子が好きな味!流行る!もっと流通すれば絶対流行る!

いやいや、流通っていうよりも、これを売りにして
全国の鉄子さんが秋田内陸縦貫鉄道と打当温泉、そして「の~そん」に
殺到するようなことがあれば、ほら、職場の先輩がよく言ってる「Win-Win」とかいう
あれではないの?使い方ちがう?

うーん、でも「どぶろく」って響きが女子を遠ざけてしまうかなあ。
味だけなら「マタギの夢」ってより「白うさぎの夢」なのに。
どぶろく…どぶろく…DB Rock……いやいや全然だめだ。
マッコリのようになんか可愛い名前はないものか。

と、どぶろくイメージアップについて勝手に考える日々が今も続いています。

今まで、密造しちゃいけない濁り酒、という知識しかなかったけど
もっといろいろ飲み比べしてみたいな。

気づけばもうすこし、もうすこしだけ…とペットボトルから注いでいる。
明日は仕事だから、すいすい飲んじゃだめだ。がまんがまん。


つづく…

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

|

« みちのく・その14「クマ牧場でシュールすぎるひとときを」 | トップページ | みちのく・その16「かえりみち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みちのく・その14「クマ牧場でシュールすぎるひとときを」 | トップページ | みちのく・その16「かえりみち」 »