« 青森保存鉄道その5 「旧下北交通 大畑駅」 | トップページ | 青森保存鉄道その7 「青い森鉄道 向山駅ミュージアム」 »

2013年1月24日 (木)

青森保存鉄道その6 「北の秘湯 下風呂温泉の未成線遺構へ」

さて、大畑駅での体験乗車の途中、希望者はオプションとして、バスで20分弱の
下風呂温泉に残る、未成線の遺構へ連れて行ってもらえるとのこと。


未成線!もちろん行きます!


大畑駅~大間間を結ぶ計画だったものの、第二次世界大戦の財政難で中断。
幻に終わった「大間鉄道」の陸橋跡が、北の果ての温泉街、下風呂温泉郷に
残っているのだとか。

事前情報として

「きれいに整備はされたけど、きれいすぎてしまっている」

という話が気になるものの、道沿いですでにいくつか発見できる遺構に、歓声を
上げながら、みんなの期待は高まっていきます。
(…本当に、趣味の集まりって楽しいですよね)

R0029554
海沿いの温泉街に到着

風が強くて、寒さがつらい。どんどん体が冷えていく(寒いの超苦手)
温泉街を見下ろしながら、歩くこと数分。

R0029556
あっ、ほんとだしっかり塗られちゃってる…

ちゃんとペンキを塗ってしまったために、遺構っぽい雰囲気がなくなっている
との話だったけど、たしかに遺構演出などはなく、とてもきれいに整備された
遊歩道。現在進行形で愛されている未成線だと思ったら、それもまた良し!


R0029581
下から見上げる

ここに鉄道が通っていたら!絶景の津軽海峡をながめながら鉄道旅をして
さらにこの温泉郷。いいなーいいなーその旅プランいいなー。
あでも、実現していたとしても、今は廃線になってしまっていたりするのかなあ。

R0029566_2

海、遺構、そして足湯

小さなホームには
なんと足湯があって、こりゃしっかり観光地ではありませんか。
お湯は灰色の細かい粒子の砂がもやもやとしたにごり湯。じゃあせっかくだし、
とデニムをまくり、ほんの数分足をつけただけで、寒さが辛くなくなった。


や、やるな温泉!すごいな温泉!


んじゃせっかくなら全身つかりにいこう!てことで

R0029568
下風呂温泉 大湯

懐かしい雰囲気の板張りの公衆浴場で、浴槽が2つ、「熱い」 「普通」が
あるものの、「普通」がすでにめちゃめちゃ熱い。普通ってなんですか。

「熱い」にいたっては足をつけただけでぎゃー!と声を上げてしまうほど熱い。
地元の人なら入れるのだろうか…

たった15分ほどお湯につかっただけで、冷たい風もへっちゃらなほど全身が
ぽっかぽかに。ひゃっほう!温泉の素晴らしさをあらためて実感。
今度はお宿に泊まってみたいな。


それにしても、
ちょっと足をのばして効率よくミニ旅を盛り込んでいるなんて。

このツアー、すごいツアーなのかもしれないけど、本当にすごいのかも!
(だから遅い)

|

« 青森保存鉄道その5 「旧下北交通 大畑駅」 | トップページ | 青森保存鉄道その7 「青い森鉄道 向山駅ミュージアム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青森保存鉄道その5 「旧下北交通 大畑駅」 | トップページ | 青森保存鉄道その7 「青い森鉄道 向山駅ミュージアム」 »