« 台湾大遠征旅アゲイン!「FT ISLAND 『FTHX』 LIVE IN TAIPEI 」 | トップページ | 台湾その3「九份の行き方、そして帰り方(後編)」 »

2014年3月26日 (水)

台湾その2「九份の行き方、そして帰り方(前編)」

台湾といえば一度は行ってみたいのが、九份。
高台に広がる古い街並みと赤い提灯が印象的なスポットです。

なのにオシャンティガイドブックの交通案内はどうも情報が少なくて…
あれだけの情報で行ける人っているのかな?

鉄道、バス、現地ツアーに乗っかるなどいろいろ行き方はあるようですが
いろんなブログの情報にお世話になり、バスが良かろうということに。

てことで九份一日観光、レッツラゴー!

P3013091
バス乗り場は忠孝復興駅に

P3013090
SOGO復興館から交差点を向かい側に渡って…

P3013097
めちゃくちゃ並んでるからすぐわかったー!

あっさりわかった!
ちなみにこの日は土曜日の14時くらい。みんな考えることは一緒です。

P3013093_2
このバス停から1062番に乗る

P3013092
行先の「金瓜石」もキーワードのひとつ

1062番、金瓜石行きのバスに乗ります。
平日は10~30分間隔、土・休日は15~20分間隔でバスが来るとの情報通り
2本見送って3本目で乗車。ピタリ、待ち時間30分でした。

ここから、私が行くまで不安だったことまとめ。

【不安その①】 座れるのか。

「座れないなら次のバスを待ちます」
なんて高度なコミュニケーションはとれない。
でも大丈夫、立ち客は乗せず満席になったら出発するみたいです。

P3013102
乗車時に一人一枚渡される

これで人数を把握しているよう。降りるときに返すのでなくさないように。

ちなみに我が家では、降車時になぜかきっぷをなくしてあたふたしてしまうことを
「きっぷきっぷ現象」と呼んでいます。どーでもいい!


【不安その②】 おいくら万円なのか。

先払いで、おつりは出ないです。100元前後という情報はあるけど
2014年3月現在はいったいいくらなんだー。
(ぶっちゃけもうおつりはいいんだけど、足りれば。)

前の人がいくら出しているかぎらぎらとチェック。母が「なんか100元以上出して
いる気がする…お札と小銭を出している人が見えたような…」というので
両手に100元と、30元を出してバスの運転手さんに「ハイ♪」と出して見せたら、

100元をパッと取られ、無事乗れました。

…乗れたならそれでいい!


【不安その③】
寝てしまわないか。

乗車時間は約1時間半。そんな長時間乗るんじゃ絶対うとうとしちゃうよー。
でも異国のバス…我慢して起きてた方が良いかな…いやでも…

大丈夫。まわりのみんなぐっすり寝てました。(結局私は寝なかったけど)


【不安その④】降りる場所が分かるか。

「九份のふもとのバス停ではなく、一つ先で降りるとメイン通りの基山街に近い」
そしてそのバス停は「みんなが降りるからわかる」ということだけど…

行ってみると、本当にみんな降りる。でも少数は席に残ってる…。
ここなの?ここでいいの?バスの運転手さんにガイドブックのバス停をさして
「ここ?(指さし)は、ここ?(指さし)」と聞いたところ

「○×●×△…!(いいから降りて!)」と
ぽいっとバスから降ろされた。


P3013117
でも着いたならそれでいい!

旅ってこんなもんだ!(そしてそれがいい!)


P3013121
ちなみにバス停の裏にはこんな建物があります

P3013126
バスを降りて少し坂を上ると

P3013127
セブンイレブンの右側の細い道が、基山街の入口です

やった―着いた着いた!着いてみると結構簡単に行けるなーと思えます。

つづく(後編は帰り方です)

|

« 台湾大遠征旅アゲイン!「FT ISLAND 『FTHX』 LIVE IN TAIPEI 」 | トップページ | 台湾その3「九份の行き方、そして帰り方(後編)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾大遠征旅アゲイン!「FT ISLAND 『FTHX』 LIVE IN TAIPEI 」 | トップページ | 台湾その3「九份の行き方、そして帰り方(後編)」 »