« 台湾その4「九份散歩とB級グルメ」 | トップページ | 自分を癒すことだけを考えるin浅草 »

2014年4月11日 (金)

台湾その5「オーガニック石鹸 河原(ユアン)ソープ」

石鹸、大好きなんです。
効能とか香りとかいろいろ書かれるともうたまらんです。

九份を歩いていると、前回台湾に来た時もちょっと気になってた
河原(ユアン)のショップが。

P3013254
大きい店舗!ちょっと寄ってこう

石鹸はヨモギ、ドクダミ、月桃、苦茶などなど、天然成分由来の石鹸がずらり。
どーれーにーしーよーうーかーなーと、効能の一覧表にふと目をやった
その時ハートは盗まれた。(内田有紀可愛かったよね)
P3013139_2
皮膚炎、痒さを止める、手のひびわれ…!!

えー実はわたくし、もう何年も手湿疹に悩んでおり。
何軒もの皮膚科を渡り歩き、シャンプーなどは全て無添加に変え、
調理にも使い捨て手袋を欠かさず…

それでも、手はひび割れだらけでワセリンとか塗ったそばから乾いてくし、
内服のかゆみ止めを飲んで寝ないと、手をかきむしって目が覚める。
神様、なんでもするから手湿疹の無い世界に連れて行ってください!(切実)

って泣いた日もありましたわ。

で、もうそうなると藁にもすがる思いなんですな。
日本の薬事法ではちょっと表現できなさそうな効能に、心奪われても
仕方がないのですよほんとに。

お店のお姉さんに手荒れを見せてると、やっぱりランタナとパチョリが良いらしい。
ヨモギ・ランタナ・パチョリの3つはセットでお得な「健康袋」があるよと教えてもらい購入。
P3233335
ランタナは写真撮る前に使っちゃったの


ま、薬ではなく石鹸だし、これで治るとは思いませんが、ものは試しに使ってみよう。
この淡い期待が石鹸の楽しいところ。
で、ここからは個人の感想であり、商品の効能を確約するものではありませんが。


まずはランタナを使った初日から…


なんということでしょう(匠)


荒ぶる痒み神を封印してくれたかのように、長年の戦いに終止符が打たれました。


まじで。


…という表現で法律的にはどうなのかしら!アリなのかしら!(びくびく)

いや本当に、あの日あの時あの場所で君に会えなかったらーという感じです。
こんな日が来るなんて。こんな日が来るなんて。こんな日が来るなんて!!!

というほど良かったです。

日本で買うとお高いみたいなので、石鹸の為だけにでもまた行きます台湾。


【追記です!】======================

この記事のPV数が伸びていたので、ちょっと補足しますっ!

この石鹸だけで手湿疹が治ったわけではなく、皮膚科から処方された
薬(ステロイド系)も併用しています。

今までは薬で治るスピードよりも、痒みが湧きあがってくる力の方が
上回っている感じでしたが
石鹸を使うと、炎症を抑えるというのか、ぐっと鎮静化するような感じで、
その隙に薬をこまめに塗って治していきいました。

治ってきたのをいいことに、薬を塗るのをさぼったらまたすこし悪化
してきて反省しているところです…。

また、ヨモギとハトムギリョクトウは私には刺激が強かったようで、
ヒリヒリしてきたためすぐに使用を中止しました。残念。

これもあくまでも私の使用感です。
痒いのって本当につらいですよね。ユアンソープを作られたかたも
敏感肌でアトピー性皮膚炎に悩まれていたようなので、
同じように悩まれている方が、自分に合った、刺激の少ないものが
見つかるといいなと思います。
============================
台湾旅、おしまい。

|

« 台湾その4「九份散歩とB級グルメ」 | トップページ | 自分を癒すことだけを考えるin浅草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾その4「九份散歩とB級グルメ」 | トップページ | 自分を癒すことだけを考えるin浅草 »