« 台湾その3「九份の行き方、そして帰り方(後編)」 | トップページ | 台湾その5「オーガニック石鹸 河原(ユアン)ソープ」 »

2014年4月 4日 (金)

台湾その4「九份散歩とB級グルメ」

さて、メインストリートの基山街へ。
お土産物屋が建ち並ぶ、ザ・観光地です。

P3013140
ぎゅうぎゅうぎゅう

気になるお店があっても立ち止まるのが難しい。
でもこういう感じ嫌いじゃないです。楽しい!

ひと通りぶらぶらしたところで、お目当てのもちもち系を食べに行きます。

P3013205
「阿柑姨芋圓」、ガイドブックに必ず載ってる九份の有名店

大行列にびっくりしたけど、意外とすいすい進んであっという間に買えました。

P3013201
いろいろトッピングが書いてあるけどなんてオーダーしていいのか

「あーうー、温かいのと…冷たいのも!」

「ハイ、アッタカイ!ツメタイ!」

P3013206
よくわかんないけど買えた(左が温、右が冷)

いただきます!!

冷たい方はあんみつ風、温かいのはお汁粉風。
台湾スイーツって、甘みが本当に優しいですよね。
芋圓はもちもち、色んな種類の豆がもりだくさん。
わたし、今、豆食べてるー…!っていう食べごたえもあり、期待通り大満足!
(どちらも美味しいけど私は温かいのが好みかな。)


P3013215
お店の奥には広々としたスペースがあり

色んなブログやガイドブックに「是非窓際の席で!」とあり、何とか運よく窓際
に座ったものの、霧でなんも見えませんでしたよね。


P3013216

手洗い場、トイレもあり シンプルに充実したくつろぎ店内

つづきまして、大行列していた「草仔粿」(草餅)のお店へ。

P3013251
「阿蘭」えらい勢いでじゃんじゃん売れてた

P3013252
1個10元、安い!

中身は色んな種類があるのですが、「甜」が甘い、「鹹」がしょっぱい
覚えておけば、あとは出たとこ勝負です。

とはいえ種類がなくなっていたので、2種のみ購入。
「甜紅豆」(普通のあんこ。間違いないうまさ)
「鹹緑豆」(塩で炊いて、マッシュしたようなものが緑豆が。おかず系)

どっちもシンプルで美味しかったです。

つづきまして、かーなーりー気になっていたこれ。

P3013256
クレープ?

薄く伸ばした生地に、カラメルで固めたピーナッツをカンナで荒く削った粉をかけ
タロイモアイスをのせてくるくるっと巻く。美味しくないはずがないでしょ。

でも気になるのが、手前の緑のアイツ。

P3013257
これはもしや

「ひとつください」

「パクチー○×●×?」(入れて大丈夫?)

やっぱりそれパクチーでしたか!!!うんうん迷わずOK!!!

P3013263
むおっっ!!!!

タロイモのアイスは、ミルク感はないけどシャーベット感もない不思議なもったり感で
意外とすっきりした甘み。カラメルピーナッツの香ばしさが、ナイスコラボレーション。

そこにおかまいなしにぐいぐい入ってくるパクチー。

ただ、何を隠そうパクチー狂なので、この組み合わせは癖になる。うん、アリだわ!

でも嫌いな人は「NOパクチー」って言わないと地獄です。


さて、日も暮れてきたので、写真でよく見るあのエリアへ。

P3013245_2
いい雰囲気。イッツ ノスタルジック!

P3013240
霧の九份もなかなかいいね

満喫満喫。思い切って来てみてよかったです。


つづく…
 

|

« 台湾その3「九份の行き方、そして帰り方(後編)」 | トップページ | 台湾その5「オーガニック石鹸 河原(ユアン)ソープ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾その3「九份の行き方、そして帰り方(後編)」 | トップページ | 台湾その5「オーガニック石鹸 河原(ユアン)ソープ」 »