« ここはどこ!?土讃線の秘境駅「坪尻駅」へ! | トップページ | 我が愛しき水族館のアイドル、ウツボを食す! »

2014年9月29日 (月)

雨に煙る太平洋、ごめん・なはり線…の焼きナスを堪能!

さて、秘境駅・坪尻駅からもう一度JR琴平駅に戻り
改めて、JR土讃線で高知へ向かいます。

JR土讃線は、大歩危峡・小歩危峡に沿って走る路線で、車窓の風景は格別!

なのですが、襲い来る腹痛に苦しみ、寝てました。

P8284597
一応アンパンの列車に乗っていましたよ

で、御免駅で下車。ここから土佐くろしお鉄道「ごめん・なはり線」に乗ります!
(ちょっと寝たらお腹はあっという間に回復)

P8284601
クジラの顔のオープンデッキ車両です!

P8284604
ホームには御免駅の歌碑も

一駅ごとにやなせ先生のオリジナルキャラクターがついているのも楽しい。
これは「ごめん えきお君」…やなせ先生らしいそのまんま感!

それにしても、四国はどこにいっても、やなせたかし先生だらけ。

高知市香美市で幼少期を過ごしたことがゆかりだそうです。

やなせ先生のシンプルで、優しくて、力強い言葉は
感動させようとした言葉じゃないのに、胸に響くのはなぜでしょうか。
歳とったからですかね。



ごめん・なはり線ですが、開業は2002年。けっこう最近!

ローカル線というと、古くからその土地の足として親しまれていたものの
年々利用者が少なくなりあわや廃線か、というところを第三セクター化。

っていうんじゃないんですね、全然。

後免~安芸間に
土佐電気鉄道安芸線が通っていたところ、なんだかんだ赤字。
でもって国鉄がその先を
作っていたところ、国鉄の財政が悪化して建設工事が中断。
ずっと放置されていて、「万里の長城」と呼ばれていたそうな。

そこから現在の
土佐くろしお鉄道が引き継ぎ、ようやく開業したのです。
(うまく説明できなっつーか聞きかじりなので、くわしくはこちら

だから駅舎が全部新しいのかー。
ずっとそのままだと思っていた路線が、ついに開業!ってすごいですね。
さて、お楽しみのオープンデッキはというと…
P8284607
…曇ってる。めっさ曇ってる。

途中、トンネルにも入りますので、デッキから手などを出さないように
ご注意ください。


P8284616
ぎゃ~~~~~~~~~!!!

と、スリル満点です。
P8284621
大雨の土砂崩れにより、穴内駅の利用が一時中止に

9月1日の始発電車より、復旧したようです。よかった、よかった。


P8284609
阪神タイガース電車!

沿線には阪神タイガースがキャンプに訪れる「タイガースタウン」も。

そうして、停車駅「安芸駅」に到着。
安芸駅には併設の物産店「安芸駅ぢばさん市場」があります。

特産品や、お野菜も安く販売していて、あれこれ全部買いたくなる!!

その中でどうしてもスルーできなかったのがこちら。


P8284630
焼きナス味

沿線はビニルハウスでのナスの栽培が盛んなんです。

P8284645
これはたしかにすごいんですが(そして雨もすごいんですが)

焼きナスの焦げた香りを忠実に再現し過ぎですから!

一口食べた瞬間、そう叫びたくなる味です。
これは絶対、絶対食べた方がいい。そして感動を分かち合いたいです。

|

« ここはどこ!?土讃線の秘境駅「坪尻駅」へ! | トップページ | 我が愛しき水族館のアイドル、ウツボを食す! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここはどこ!?土讃線の秘境駅「坪尻駅」へ! | トップページ | 我が愛しき水族館のアイドル、ウツボを食す! »