2011年2月28日 (月)

みちのく・その16「かえりみち」

話は阿仁マタギに戻ります。

打当温泉・マタギの里から、またまた車で駅まで送って頂きました。
ありがとうございます。今度は宿泊しに来よう。

Animatagi4
だんだん暗くなってきた

無人駅、ちょっと心細い。
一人でいたら、本当に電車がくるのか不安になってしまいそう。

Animatagi5
ちゃんときたー

あたりまえだけど、ホッ
ここから角館へ。もう真っ暗で車窓が見えないのが残念。

角館駅で新幹線「こまち」に乗り換え、東京へ。
旅ももうおしまいだ。

車内販売で鶏わっぱ弁当を購入。お腹が空いていたこともあって
森さんと「美味しい、美味しい」と言いながらあっという間に完食。
いぶりがっこがにんじんってとこもいいなあ。
これは今まで食べた駅弁の中で、ナンバー1かも。
(あ、崎陽軒シウマイ弁当は殿堂入りです。)

Ekiben
きっぷもなくさずここまで来れました


計画段階では、あれこれ詰め込みすぎて息切れしちゃうか少し心配だったけど
最後まで盛りだくさんに楽みました。大満足。
この旅行程、そっくりそのまま誰かにおすすめしたいなあ。
社内の共有フォルダに保存しておこうかしら。


さて、次はどこに行こうかな。


おしまい。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年2月27日 (日)

みちのく・その15「マタギ資料館と、どぶろく『マタギの夢』」

続いては「マタギ資料館」でマタギについてのお勉強を。


Kuma_2 
♪アニマルなんだしー ウオー!


資料館に続く廊下には、マタギのみなさんが秘密兵器として
ヒマラヤへ雪男探しに行った際の記事が。

Newspaper
絶対みつけてやる

という意気込みで向かったのに

Matagi
これ、絶対に観光でしょ

肝心のマタギ資料館では、クマの毛皮を山ほど見たり…
(よく覚えていないけれど)昨日の自分より少しだけマタギに詳しい自分になれました。


打当温泉・マタギの里では、「全国どぶろく研究会」で最優秀賞を受賞した
どぶろく「マタギの夢」を販売しています。
旅の情報収集をしている時から気になってはいたのですが
購入は容器持参で、とのこと。

水筒なんて、持って来なかったしなあ。
でも。あきらめきれない。
こういうときは、とにかくなんでも聞いてみよう。

私 「あのー、どぶろくって、容器がないと譲って頂けないんですよね…」

フロントの方 「自販機でペットボトルのミネラルウォーターを買って、
         少しもったいないですけど中身を捨ててご用意される方がいますよ。」

そっか!その手があったか!自販機にとんでいき、ペットボトルをゲット!
森さんはあきれ顔。


購入に際して、氏名、住所等の連絡先と、何合譲り受けたかを
用紙に記入します。酒税法の都合で、何合作ったか、何合譲ったかという
整合性が取れないといけないらしく。へえー

そうして住所を書いている途中、ふと我に返った。
『私、どんだけ酒好きなんだよ』と…

ていうか私みたいな人が販売前につまづいてこぼしたら、どうなるんですか…?

Mataginoyume
わーいわーい!

嬉しい。最高の自分みやげ。
子猫を譲りうけたかのように慎重に持ちかえり、帰宅してすぐ味見。


Doburoku
つまみはいぶりがっこでいいのかな?



おそるおそるひとくち。


な、なななななななななにこれ


おいしい!!!!!!!
(パニック)

ふんわり甘い。ちょっとだけ酸味。お米の香り。


ていうか風味がどうとかっていうより
一口飲んだだけでしあわせだあーーー!となる味!


一人暮らしの部屋で、感動でじたばたし(誰にもお見せできません)
勢い森さんに電話しそうになるのをぐっとこらえ、もうひとくち。
これ絶対、女子が好きな味!流行る!もっと流通すれば絶対流行る!

いやいや、流通っていうよりも、これを売りにして
全国の鉄子さんが秋田内陸縦貫鉄道と打当温泉、そして「の~そん」に
殺到するようなことがあれば、ほら、職場の先輩がよく言ってる「Win-Win」とかいう
あれではないの?使い方ちがう?

うーん、でも「どぶろく」って響きが女子を遠ざけてしまうかなあ。
味だけなら「マタギの夢」ってより「白うさぎの夢」なのに。
どぶろく…どぶろく…DB Rock……いやいや全然だめだ。
マッコリのようになんか可愛い名前はないものか。

と、どぶろくイメージアップについて勝手に考える日々が今も続いています。

今まで、密造しちゃいけない濁り酒、という知識しかなかったけど
もっといろいろ飲み比べしてみたいな。

気づけばもうすこし、もうすこしだけ…とペットボトルから注いでいる。
明日は仕事だから、すいすい飲んじゃだめだ。がまんがまん。


つづく…

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年2月24日 (木)

みちのく・その14「クマ牧場でシュールすぎるひとときを」

さて。
阿仁マタギ駅からの交通がいまいち分からないまま
来てしまいました。

「打当温泉マタギの里」に電話をし、クマ牧場まで
行きたい旨を相談すると送迎してもらえるとのこと。

しかもあと30分で閉園のところ、クマ牧場の方に
「彼女たち、ちょっとゆっくり見させてあげて」とお願いを
して下さり、快く入園&時間延長していただきました。
ありがとうございます!

入口でクマのえさを購入して、いざ、クマのもとへ。

Kumanoesa
えさをねだるポーズが愛らしいとのことですが

おねだりポーズを見て、可愛いと思えるか自分。
『なんか、ごめんね…』という気持ちになりはしないか、
と心配だったけど

Kiken
「転落した場合は、救出不可能です。」



心配っていうより、怖くなってきた。




静かな園内響きわたるのは、う゛ぉおおうぉおおという吠え声。

Kenka
ケンカをやめて!二人を止めて!(涙)


森さん、ここ、思った以上にシュールな観光地のようだね…


そういえば、秋田出身の職場の後輩に、クマ牧場を知って
いるか聞いたところ「ああ!子供の頃行きましたよ!でも、

怖くて泣いてすぐ帰ったような気がします。


と言っていた理由が、来てみてよく分かりました。

もう大人な私たちは、なぜだか笑いが止まらなくなってきたよ。


さ、クマたちにえさを。
たわむれに数個えさを投げ入れた、そんなとき。

Gohan_time
ざばー



ん?

Gohan_time2
ざばーーー

しまった。
普通に食事の時間だ。



そう、もうすぐ閉園だから

クマたちは皆わらわらと投下されたえさの方へ移動してしまい
その後、私たちにえさをねだることは二度となかった。



手元に大量に残ったえさ、これどうすれば…。
ふと横を見ると、さっきまでもぬけの殻だった女子クマ舎に3頭のクマが。

Onedari
こっちこっちー!!

おー!おまえたち!
えさで釣る心苦しさなど、一気に忘れてしまったよ!
やっとねだってもらえた喜び。単純に可愛い。
おねだりの仕方を知っているなんて、クマとはいえ
女子力が高いね!


えいやっと、えさをクマに向かって投げる。これがなかなか難しい。

ダイレクトにぱくっと口に入らずに
投げ方が悪く転がってしまったえさは、絶対に大きいクマが食べる。
小さい子が食べようとすると、吠えて脅して横取りしたり。
がんばれ、負けるな小さい子。やっぱりちょっと切なくなってしまった。


よし、奥にいるちびっこたちを見に行こう。

Koguma
ものすごく寝ている


ピクリとも動きません。うーむ。
たしかに可愛いけれど「きゃーかわいいー!」というテンション
に全くならないのはなぜだ。
寝ているというより、落ちているという印象だからか。
(特にタイヤの下の子)


少し高台になっている広場へ行ってみると、とってもいい景色が

Kaohame
顔はめパネルに邪魔されていた


ことごとく…!


「邪魔だね、あれ」 「すごく、邪魔だね」
「でも日本で一番、絶景をバックに撮れる顔はめだね…」
「認定していいね」「そう思うとなかなかやるね」「そうだね」

もうよく分からないテンション。セルフタイマーで
記念撮影しましたよ、もちろん。


絶景を顔はめパネルもろとも楽しんでいると
遠くから「もう閉めますのでー!」とスタッフの方の呼ぶ声が。
あ!ごめんなさい!時間を忘れて、満喫しまくっていました!


Kumabokujyo
シュールな時間をありがとう


ここからまた打当温泉まで送って頂けることに。
お世話になりっぱなし。本当にありがとうございます。

車内で、今年の夏の暑さを聞いてみる。
「今年の夏はここも暑かったのよ。いつもの夏はクーラーを
つけないけど今年はつけちゃったもん。」とのこと。
日本列島、どこも暑かったんだなあ。


そんな話を聞いていたのに、年末の「今年の漢字一字」予想を
大はずししてしまいました。まだまだ修行が足りないなー


つづく…

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

みちのく・その13「秋田内陸縦貫鉄道の車窓から」

すっかり心がおもちでいっぱいになってしまいましたが
秋田内陸鉄道の車窓も、1秒たりとも見逃せない美しさ。

Sentou
森の中をどんどん走る!

「木がよけてる!」(となりのトトロのねこバスのシーン)って言いたくなるほど
深い緑の迫力に、先頭にはりついて離れられない!すてき!

急行なので、小さな無人駅をどんどん通過。
合川駅、米内沢駅に停車して、

Animaeda
阿仁前田駅に停車

ホームから駅への入り口に、温泉マークののれん。
阿仁前田駅は、秋田県内初の温泉付き駅舎なんだって。
次に来たときは、温泉に入って、阿仁川にも遊びにいきたいなあ。

Aniai
阿仁合駅に到着

Aniai2
霧の中に線路がのびていく

Aniai_train
カラフルな電車たち

ここで約15分停車。
撮り鉄さんと同じ動きをしている森さん横目に
さすがにもう傘がないと辛いので、阿仁合駅内の売店へ。

残念ながら、ビニール傘は売っていなかったけれど
貸し傘を100円(だったっけ?)で譲ってもらえることに。ありがとうございます!


さて、車内に戻ろうか…と思った時、駅スタンプ発見!
しまった!スタンプ帳、車内においたままだ!

でももう往復している暇がない。
近くにあったチラシにドンッとスタンプを押して急いで車内にもどり
よくよく見てみると、


「空港管理補助業務等 1名 (内容)…車走行による滑走路の鳥の追い払い…」


求人案内だった。
森さん、秋田にIターン就職したくなったら私に言ってね。


阿仁合駅を出ると、駅名がユニークな笑内(おかしない)駅を通過して
比立内駅に停車、比立内~奥阿仁間では徐行運転になり

Bridge
いざ、絶景ポイントへ

River
わー!…となるところだけど、あいにくの雨

これはいつかリベンジしなくては。
ていうか、出発直後から「また乗らなきゃ」って気持ちになっていたけれど。
秋田の人はいいなー。こんなに素敵な路線が近くにあって。


そして急行もりよし号は、次なる目的地の

Animatagi
阿仁マタギ駅に到着! 


マタギ…。
くじら(芸人)のマニアックものまねのマタギシリーズくらいしか知識がない。
浅い、浅すぎる。これではマタギに失礼ではないか。

途中下車駅に、この駅を選んだのも何かの縁。
帰るまでに少しでもマタギについての知識が深まっていますように。


つづく…


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年2月16日 (水)

みちのく・その12「鷹ノ巣『の~そん』で絶品スイーツ発見」

鷹ノ巣駅周辺をぶらぶらしていると…

Noson
の、「の~そん」!!!

その名前は、いいのかい????


「海の駅 わんど」ですっかり産直所の楽しさを知ってしまった私たち。
ネーミングに不安を感じながらも、少しのぞいて行くことに。

ここでもやっぱり野菜が新鮮で安い。
野菜の他にも、おにぎりやお惣菜、手作りお菓子なども売っていて
その中でも気になったのが…

Mochi
あんこ入りのおもち


白くて丸い焼きもち。
見た目に華はないが、きっと素朴な美味さに違いない。


生産者ごとの各売り場スペースには、顔写真付きオススメコメントが。
同じような焼きもちを並べている人が何人かいて、

「お餅づくりには自信があります」
「母から代々伝わるお餅が自慢です」

と、どのコメントも力強い。誰の焼きもちも美味しそうで甲乙つけがたい。
ていうか見た目はどれも全く一緒だ。
散々迷った挙句、一人のおもち名人の焼きもちに決定。



さて、そろそろ駅に戻ります。
今度は秋田内陸縦貫鉄道!まだまだ旅のお楽しみは続きます。


Takanosu_2
雨が強くなってきたー


Takanosu
「秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線」

しゅっぱーつ!
急行もりよし号のボックス席を陣取り、あちこちで買ってきたおやつを並べてみました。

Cafe
車内カフェ化

遠足っぽい!わくわく。さっそくおもちからいただきます!


Mochi2
うっ



おいしい。





おいしすぎるーーーーーーーーーーーー!




お米の香りのおもちも、絶妙な甘さのあんこも、本当に美味しい!

おいしい、食べる、食べると減ってしまう、でも食べる、ああ美味しい
でもまた減ってしまった…なんてジレンマ。
しかもあんこばかり見つめてしまい、車窓に集中できない。


おもちの生産者ラベルには、名前や住所がばっちり印字されていて
「美味しかったです。ありがとう。と、お礼状を書いたら驚かれるだろうか。」
と森さんとかなり真剣に検討しました。

一つと言わず、あの売り場のおもちを買い占めればよかった。ああ後悔。

秋田内陸縦貫鉄道をより楽しむモデルコースのご提案。
みんな、「の~そん」でおもちを買ってから乗車しましょう。


つづく…

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

みちのく・その11「ウェスパ椿山~東能代~鷹ノ巣」

2010年 9月 20日(月) この旅もついに最終日。


ウェスパ椿山駅前でお土産を買い、リゾートしらかみに乗車。

Nihonkai
すばらしいオーシャンビュー

Nihonnkai2
何枚撮っても

Nihonkai3
こんな感じです


写真の腕がない。風景もずっとこんなだ。
しかし実際乗ると楽しい。残念なことにブログではお伝えできない。

結論:乗って下さい。

海を見ながらわーわー言っていると、あっという間に秋田県へ。
するととたんに田んぼの面積UP。

Inaho2
やはり米どころなのね

ちょうど稲穂の実る季節で、広大な黄色の風景がとってもきれい。
「田んぼが増えた!増えた!」と、またわーわー言っているうちに東能代駅に到着。

Noshiro
駅の中にバスケのゴールが!

東能代はバスケの町。たしかバスケが強い学校があるんだっけ?
帰って弟に聞いてみよう。

0000
五能線の起点駅だそうです

イマイチ意味わかってないまま撮ってますが。
五能線の両端の、どちらが起点か決まっているんだなあー
♪終着駅は、始発駅…って演歌みたいなんじゃなくて。

んなこと考えつつ奥羽本線に乗り換え、どんどん内陸へ。
こんどは山の風景が楽しい。

そしてあっという間に鷹ノ巣駅に到着!

Posto
あっポストに太鼓が乗ってるよ!


さて、次の電車まで時間がある。
鷹ノ巣駅周辺をうろうろしてみよう。


つづく…

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年1月28日 (金)

みちのく・その10「絶景なり!黄金崎 不老ふ死温泉」

「黄金崎 不老ふ死温泉」
駅のポスターでも、旅雑誌でも、いろいろなところで目にする
ひょうたん型の黄色い、海辺の温泉。

『この温泉、よく見るけれどどこにあるんだろう?』と調べてみたのはいつだったか。

以来ずっと憧れだった温泉に、ついに来ました。
今回の旅は「津軽海峡・冬景色」の歌碑といい、長年の憧れが叶いまくっている。
なんてスペシャルな旅なんだろう。


チェックインして浴衣に着替えた時には、日没間近。
間に合うか??とハラハラしながらお風呂に行ったものの
結局、重たい雲に隠れて夕陽は見えませんでした。


でも、この夕焼け空。
日が沈んだ後、誰もいなくなるまでねばって撮ってみました。

Sunset_2
すごい… 

目の前に、何も遮るものがない。すごい。

空、海、丸裸の私。
海に帰りたくなる…かなと思ったけど、寒くて全然ならなかった。

出るのがもったいなくて、暗くなりきるぎりぎりまで、2人で貸切り風呂を楽しみました。
(ひょうたん型は混浴で、ずっと男性がいたので、ついに断念。)



夜。布団の上で猫のように左右にごろごろしている森さんを写したら…

Ukemi
受け身の練習みたいになってしまった


おやすみなさい。



翌朝。
もちろん露天風呂の朝の姿も見ておかなきゃいけない。

眠い目をこすりながら女性側のお風呂に入ると
…あれ?混浴側に誰もいない!これはひょうたん型に入るチャンスじゃないの?!

そこにいたご婦人とも「今がチャンスですね」とタッグを組み
猛ダッシュで女性側から混浴側へ移動!


「森さん!浴衣なんて着てたら誰か来ちゃうよ!いいよいいよ、裸のままで!

(本当はめんどうくさかったから)


混浴側に移動すると…
目の前には、朝日に照らされた、あの有名なひょうたん型のお風呂が!
わーーーーーほんものだーかんどうーーーー!

そしてしばらく、ひょうたん型を楽しんでいると
遠くに、露天風呂に向かって歩いてくる男性の姿が!戻らなくては!

当然帰りも裸のままで、猛ダッシュ
まーたまたま誰かには目撃されてるかもしれないけど、大丈夫、大丈夫。



その後、朝食レストランから外を見ると…

Moning1 
丸見えやないかーい!!!!



「従わないで、バスタオルくらい巻けばよかった。心に傷を負った。」



と、森さんに低い声で叱られた。

「まあまあ、減るもんじゃないし!ね!」という言葉しか出てきませんでした。
ごめんなさい。でも大丈夫だよ、ほんと、減らないから…


後日、森さんのブログにも「減るもんじゃないし」と書いてあったので
きっと許してくれたんだと思う。そう信じたい。



おまけ。「青森の正直」に惹かれて。
Yukihorininjin
冬掘り人参じゅーす。甘い!美味しい!毎朝飲みたい!


つづく…

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

| | コメント (1)

2011年1月23日 (日)

みちのく・その9「めめちゃんの店で、のんびりイカタイム」

鰺ヶ沢出発まで、あと約4時間。
タクシーを呼んで「海の駅 わんど」へ移動。

Uminoeki
お土産ならここで

野菜や海産物が豊富なうえに激安で
「安すぎる!!」「近所に住みたい!」を連呼しながらゆっくり買い物。
嫁に行った幼なじみ宅に、野菜やリンゴを発送しました。
いつも旅先から生モノを送りつけてごめんなさい。でも、送るよ。

わさおグッズもここにあります。
川原さん(仮名)へのお土産に、わさおの名刺型カードを購入。何に使うんだこれは。


またタクシーを呼び、つづいては「焼きイカ屋ロード」へ。

Ika4
イカのカーテン

旅雑誌で見るような、青空とイカカーテンの風景は
晴れた日の午前中がいいらしいです。
この日は曇り空で、雨が降ったりやんだりだったから、干す量は少なめ。


Ika3
いい香り!

「いい旅・夢気分」で紹介された「めめちゃんの店」で、2皿目のイカ焼きを。

この旅に出る直前に、ちょうど白神山地・五能線の放送があり
旅の師匠が「見るように」とわざわざ連絡をくれたのです(手厚いフォロー)
ちゃんと予習を活かす弟子です。

テレビで見たとおりの、明るいおばちゃんと楽しく話しながら
「待ってる間、これ食べときな!」と差し出されたのは

Ika2
パンチのきいたお皿

小道具もいい!(笑)イカよりこのお皿がほしいです!


このお店の裏には手作りの ほったて小屋 展望台があり
そこで食べさせてもらうことに。


Tenboudai
わーい!

目の前に広がる日本海!
そして、小さい頃、秘密基地にお菓子を持ちこんでいたあの感じ!


Apple
リンゴもあるものの

駅の売店で「海沿いでリンゴを丸かじりしよう!」と買ったものの
寒くてかじる気にならず、フードパックが風に飛ばないように重しとして使用。
(※帰宅後、おいしく頂きました!)

展望台でぼーっとしたり、わさおに思いを馳せたりしながら
イカと海を楽しみました。胃にイカがぱんっぱんです。


またタクシーの配車を頼み、お店で待たせてもらっていると
鰺ヶ沢から神奈川へお嫁に行った人の帰省に遭遇。おお!地元の近く!
ご実家に行く前に、イカを調達しに来たとのこと。イカ、おやつ感覚なんだなー。

そこで「ねぶたは一回見ておいた方がいいよ!」と熱くオススメされ
ねぶた熱急上昇。う~~今すぐ見たい~~~
でも全国の主要なお祭りって、ROCK'IN JAPAN FES の開催日程とかぶってしまうんだ。
解決策のない問題…うーんどうしたものか。


鰺ヶ沢駅から、ウエスパ椿山駅へ。
今度は15:41発、リゾートしらかみ4号「くまげら」です。

Kumagera
頭の赤いとこが愛らしい


Kumagera_view
どんより日本海

今夜の宿は…そう。あの温泉。
でもこの天気、夕陽が見えるか心配です。


つづく…

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

みちのく・その8「ぶさかわ犬・わさおと感動の対面」


鰺ヶ沢駅。駅前にタクシーが1台もいない。電話番号もない。

観光マップに記載してある観光協会などの番号に
手当たりしだい電話して、なんとかタクシー会社の電話番号を入手。

とにかく1台お願いします!

Ajigasawa2
急いでいるのに出発できない


ようやく乗り込んだタクシーに「わさおのイカ焼き屋までお願いします」!!


ブログで紹介され一躍有名になった、ブサカワ犬「わさお」。
この時は映画の撮影中で、わさおは多忙を極めていた。

「会いに来ても、いないものと思ってください」と告知されるほどで
先週会いに行った「たま駅長」よりも一か八か具合が高い。
会えないまま帰ることになかもしれない…。
ハラハラする車内。森さんは落ち着かない様子。


でも。旅先のタクシーでおしゃべりするのが好きな私。
運転手さんに話題を振ってみます。



私       「舞の海(鰺ヶ沢出身)は、やっぱり地元のスターなんですか?」


運転手さん 「○×&?…×△×□○×$………」



しまったわからん。

自分から話しかけといて、津軽弁がさっぱりわからん。

なんとか聞き取れたセンテンスは、「法事の時しか帰ってこない」

そうしているうちに、到着。イカ焼き店の横に人だかりが!

Hitodakari
いる!? いるのか!?

Wasao1
いた、いたいたいた!わさおーー!!!!

森さん、よかったね、よかったね(涙)


Wasao2
むくっ

うっ、かわいい。本当にわさわさとしているなあ。


ていうか、あなた本当は「レオ」だったはずでは?
ネーミングって、重要です。

Morisan
森さん撮影中


最近、何かに食いついている森さんを
遠くからほほえましく見守ることが多い。彼氏か。


しばらくすると、お散歩タイムに。
最近は、ストレスが溜らないように、遠くまでお散歩に連れていってあげるそう。

Wasao4 
日本一、荷台が似合う犬

Wasao5
行ってしまった…

ゆっくりと小さくなっていく、わさおを乗せた軽トラ。そして線路と海。
寂しいけど、いい風景だー。


せっかく来たので、イカ焼きも食べます。
「七里長浜 菊谷商店」、タクシーは「わさおまで」で通じましたが。

Ika1
うまし

Photo
芸能人の写真もたくさん


わさおに会えなくても、
イカを食べながらミーハー気分で写真を見るのも楽しいですよ。


つづく…

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

みちのく・その7「リゾートしらかみでGO!」

2010年 9月 19日(日)

おはようございます。
青森駅でコーヒーと朝食の駅弁を購入し、リゾートしらかみ2号で出発します。

Nebuta
三浦春馬とのコントラストがすばらしい

いつかねぶた祭りも見てみたい。
青森駅、きっとまた来るよ。次は八甲田丸のとこの歌碑も見に行かなきゃ。

Buna
リゾートしらかみ「橅(ぶな)」

青森駅から鰺ヶ沢駅まで、1時間50分の電車旅です。

青森駅を出てすぐ…

Shinaomori
あ!新青森駅!!!

「これで青森出張がラクになるね」って、なんて仕事熱心な私たち。


Nihonkai
あ!これは…日本海!!?

わーわー言っている間に通り過ぎちゃった。
日本海にもいつか乗ってみたいな。


Jrapple
「JR」がリンゴの中に

リンゴモチーフの可愛さはずるい。なにしても可愛い。


Sentou
♪線路はつづくよどこまでも~

電車の先頭は、大人も楽しいです。


Tsugarutetsudo
津軽鉄道だー!


「…降りたい……」「降りたら鰺ヶ沢に行けないよ」
「おばあちゃんの家が五所川原駅にあればいいのに」「それいいね!」
と、祖母宅を旅の拠点にする妄想で盛り上がる。

朝からずっとはしゃぎっぱなし。


Shamisen
車内では津軽三味線の演奏も

演奏を間近で見られて、その迫力に感激。
三味線って、楽譜ってどうなっているんだろう?複雑なメロディーだなあー


あっという間に時間は過ぎ、鰺ヶ沢駅に到着。

するとさっそく…


Ajigasawa
アイドルのポスターが!


どきどき。ついに来ちゃった。


つづく…

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 初心者鉄道ファンへ
にほんブログ村

| | コメント (0)